スズキ・スイフト・レンジエクステンダー(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》

6日、スイスで開催したジュネーブモーターショー12。スズキのブースには、『スイフト・レンジエクステンダー』が展示された。

同車は、2011年の東京モーターショー11に出品された『スイフトEVハイブリッド』そのもの。スイフト・レンジエクステンダーは、基本はモーターだけで走行するEVだ。スズキによると、最大航続可能距離は、都市部のユーザーの日常ユースをカバーする30kmだという。

二次電池はリチウムイオンバッテリー。バッテリー残量が少なくなると、発電専用の660ccガソリン3気筒エンジンが始動。ジェネレーターを回してモーターに電力を供給するとともに、バッテリーを充電する。これにより、さらに航続距離を伸ばすことが可能になる。

スズキは今回のジュネーブモーターショーにおいて、「今後もスイフト・レンジエクステンダーの開発を進め、近い将来、欧州市場へ投入する」と説明。同車の市販化を宣言している。

スズキ・スイフト・レンジエクステンダー(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 スズキ・スイフト・レンジエクステンダー(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 スズキ・スイフト・レンジエクステンダー(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 スズキ・スイフト・レンジエクステンダー(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 スズキ・スイフト・レンジエクステンダー(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 スズキ・スイフト・レンジエクステンダー(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 スズキ・スイフト・レンジエクステンダー(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 スズキ・スイフト・レンジエクステンダー(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 スズキ・スイフト・レンジエクステンダー(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 スズキ・スイフト・レンジエクステンダー(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 スズキ・スイフト・レンジエクステンダー(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》