【三菱 MiEVパワーボックス】益子社長「今後はスマートグリッドに注力」

三菱自動車の益子修社長は、1500W電源供給装置『MiEVパワーボックス』の発表会見で「(装置によって)電気自動車がエネルギー問題の新たなモビリティとして進化する可能性を示したもので、今後はスマートグリッドの展開」に取り組む姿勢を示した。

同社は現在、電気自動車から岡崎工場で使う電力を供給する試験を行っている。益子社長は「車から電気を取り出す開発では、複数の家電製品に電力を供給し、その延長線上に家全体への電力を供給する。これは技術的にほぼ完成している」と述べ、スマートハウスの実用化にメドをつけていることを明らかにした。

その上で他社とも連携しながら「スマートグリッドでは、より大きな地域に電力を供給することで、電力を有効活用していく」と述べ、今後、スマートグリッドへの取り組みを本格化させる姿勢を示した。

【三菱 MiEVパワーボックス】益子社長「今後はスマートグリッドに注力」 【三菱 MiEVパワーボックス】益子社長「今後はスマートグリッドに注力」 【三菱 MiEVパワーボックス】益子社長「今後はスマートグリッドに注力」 【三菱 MiEVパワーボックス】益子社長「今後はスマートグリッドに注力」 【三菱 MiEVパワーボックス】益子社長「今後はスマートグリッドに注力」