VWパサートRライン(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》

フォルクスワーゲンは6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー12において、新型『パサート』の「Rライン」をワールドプレミアした。

Rラインは、フォルクスワーゲンの子会社のフォルクスワーゲンR社が、フォルクスワーゲンの市販車に特別なカスタマイズを実施。最近のRラインは、内外装のドレスアップを主体にした仕様が中心となっており、日本でも『ティグアン』や『シロッコ』に、Rラインが存在する。

そんなRラインの最新作が、『ザ・ビートル』と新型パサート。パサートのRラインは、セダンとステーションワゴンの『パサートヴァリアント』の2種類があり、欧州では独立したグレードとして用意。フォルクスワーゲンによると、既存の「コンフォートライン」と、最上級の「ハイライン」の間に位置するグレードになるという。

外観は、エアインテークを大型化した専用バンパー、ディフューザー、リアスポイラー、17インチアルミホイール(18インチはオプション)などを追加。スポーツサスペンション装着により、車高は15mm低められた。

インテリアは、スポーツシート(ナッパレザーはオプション)、革巻きマルチファンクションステアリングホイール、ステンレス製ペダル、チタンシルバートリムパネルなど、Rライン流儀のモディファイが加えられる。

VWパサートRライン(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 VWパサートRライン(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 VWパサートRライン(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 VWパサートRライン(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 VWパサートRライン(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 VWパサートRライン(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 VWパサートRライン(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 VWパサートRライン(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 VWパサートRライン(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》