ウェーバー(レッドブル。3月1日、バルセロナテスト)

いよいよF1の2012年シーズンの開幕戦は来週となった。そんななか、レッドブルのマーク・ウェーバーが自ら語った2012年の目標は、予選成績の改善だ。

「セバスチャン(ベッテル)のパフォーマンスは、今年もおそらく絶好調を維持するだろうし、彼は少しも力を抜くことはないだろう。昨年と同様に、ポールポジションを取り続ければ、そのまま有利なレースを展開するだろう。『少しは調子を崩しても良いんじゃないか?』と言いたいところだ(笑)」

「仮に僕がポールポジションからスタートして、最初のピットストップを先に行えた場合、彼との小さな戦争に勝てる可能性が見えてくる。だとしたら、予選パフォーマンスを向上させるしかないよね」

「もちろんチームメートの上手をとるだけではレースには勝てない。後方にはマクラーレンが待ち構えているのだからね。チーム内のバトルにはちゃんと決まりごとがある。それでなお誰よりも先にフィニッシュできたとすれば、それが一番嬉しい結果だ」

ウェーバー(レッドブル。3月3日、バルセロナテスト)