レーシングコース設計を手がけるティルケ・エンジニアリングの幹部ペーター・バールが、F1アメリカGP開催予定地テキサスのサーキット建設が順調に進行していると語った。

「今なら、準備は万端整っていると申し上げることが出来ます。11月より前に完成させることが出来ると判断しています。F1の基準をすべて満たす世界最高のサーキットになるでしょう。今の私の気持ちは、出産を前にした母親の気持ちに例えれば良いでしょうか」

2013年には、ニュージャージーのストリートサーキットもF1開催地に加わる予定だ。

「テキサスとニュージャージーは共鳴関係を築けると思います。プロモーションにしても一か所単独でやるよりも共同で当たったほうが効率的です」

直近のアメリカで開催されたグランプリの最後は、07年のインディアナポリス。このときの優勝者はマクラーレンのルイス・ハミルトンだった。