ルノー・ウインド・ゴルディーニ《撮影 内田俊一》

「我々の使命として、ユーザーがクルマとともに楽しめる生活を提供したいと思っています。そのうえで、ユーザーの個性に合わせ、個性のある我々のクルマで毎日の生活を楽しんでもらおうというコンセプトで頑張っています」と話すのはルノー・ジャポン大極司COO。

ルノー・ジャポンは8日、小型2座ロードスタークーペの『ウインド』に『ウインド・ゴルディーニ』を追加、同日より発売を開始した。価格は279万円。

大極COOは、「ルノーは時折、ウインド・ゴルディーニのように面白くて変わったクルマを作るので、こういうモデルは必ず日本には伝えたい」と同社の基本的な姿勢を語る。

「このような不思議なクルマなので、世界でもあまり色々な国で売っていません。たぶんアジアでも日本くらいでしょう。しかし、こういう面白いクルマを日本の皆さんに伝えたいというのが我々の使命感。ぜひ、日本のユーザーにも楽しんでもらいたい」

ゴルディーニ導入に際しては、「生活を楽しむという意味で、ファッショナブルなクルマに乗るということと同時に、ゴルディーニに合わせて(ファッショナブルな)グッズについても特徴のある面白いものをそろえました」とゴルディーニ関連グッズも充実させている。

ルノー・ウインド・ゴルディーニ《撮影 内田俊一》 ルノー・ウインド・ゴルディーニ《撮影 内田俊一》 ルノー・ウインド・ゴルディーニ《撮影 内田俊一》 ゴルディーニグッズ《撮影 内田俊一》 ルノー・ジャポン大極司COO《撮影 内田俊一》