アウディA6オールロードクワトロ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》

アウディは6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー12において、新型『A6オールロードクワトロ』を初公開した。

A6オールロードクワトロは1999年に初代、2005年に2代目が登場。3代目となる新型も、初代から続くコンセプトは継承しており、『A6』のステーションワゴン、『A6アバント』をベースに、車高を若干引き上げ、ちょっとしたオフロードへの乗り入れを可能にする。

そのルックスは、A6アバントに対して力強さが強調された印象だ。車高は若干引き上げられ、専用バンパーやフェンダーエクステンションを装備。このフェンダーエクステンション内には、235/55R18サイズという大径タイヤが収まる。

エンジンはV型6気筒のみで、ガソリンとディーゼル合計4ユニット。もちろん駆動方式は全車、フルタイム4WDの「クワトロ」だ。ガソリンの「3.0TFSI」グレードは、最大出力310ps、最大トルク44.9kgmを発生する直噴3.0リットルV型6気筒スーパーチャージャー。0-100km/h加速は5.9秒、最高速は250km/h(リミッター作動)と、オンロードのパフォーマンスも優秀だ。

アウディA6オールロードクワトロ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 アウディA6オールロードクワトロ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 アウディA6オールロードクワトロ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 アウディA6オールロードクワトロ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 アウディA6オールロードクワトロ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 アウディA6オールロードクワトロ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》