三井住友海上火災保険は9日、米ドル建ての劣後債を海外で発行し、約1000億円を調達すると発表した。財務の健全性向上や成長分野への投資にあてる。

3月15日に発行し、シンガポール取引所に上場する。発行総額は13億米ドルで、償還期間は60年。欧米やアジアを始めとする海外の投資家に販売し、日本での募集は行わない。

劣後債は金利が高いものの返済の優先順位が低い債券。三井住友海上が発行する劣後債の利率は2022年3月15日までが年7.00%の固定で、それ以降は変動金利になるという。