光岡ガリュークラシックジュエル(手前)とビュートジュエル(奥)《撮影 内田俊一》

光岡自動車が、京セラとコラボレーションして発表した『ガリュークラシックジュエル』と『ビュートジュエル』、どちらも光岡にとって主力車種となるモデルに設定された限定車である。

それぞれのネーミングにはどのような意味があるのだろうか。同社開発課課長兼工場長の青木孝憲さんは、「ガリューは漢字で書くと“我流”、我の道という意味で、その名の通り、色々な世間体や常識とは別に、真の確固たる信念を持ったユーザーが乗る、まさに我の道というクルマです」。

ビュートは、「美遊人と書きます。美しく遊ぶ人。我々のユーザーの中には、セカンドカー、サードカーでクルマを楽しむ方々がいらっしゃいます。経済性や燃費などだけではなく、クルマに乗って生活を豊かにする、感動を得られるような楽しみ方をするユーザーをイメージして名付けました」とし、この2モデルはユーザーに魅力を感じてもらえる主力車種だとした。

そして、「光岡のユーザーは、こだわりや特別感というものをとても感じており、その中でさらに、ユーザーがそのこだわりを喜んでもらえるようなものとして、“京都オパール”という京セラの宝石をエンブレムにあしらったクルマがこの特別仕様車“ジュエル”です」。

ビュートは、京都オパールをエンブレムにあしらい、また、内装は子牛のレザーを使用。「子牛を使うことで、子牛料理にもあるような風合いが柔らかくしっとりとした、本格的な内装となっています」。

ガリューもエクステリアに宝石のエンブレムをちりばめ、内装も本革(子牛ではなく通常の本革)の仕様である。青木さんは、「これらのクルマにユーザーが乗って、味わって、また人に見られることで、すごく喜びや幸せを感じられるような、そのようなクルマの仕上げを目指して作りました。これからも、我々は1台ずつ真心とこだわりを込めてユーザーに届けていきたい」と想いを語った。

光岡ビュートジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ビュートジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ビュートジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ビュートジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ビュートジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ガリュークラシックジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ガリュークラシックジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ガリュークラシックジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ガリュークラシックジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ガリュークラシックジュエル《撮影 内田俊一》 光岡ガリュークラシックジュエル《撮影 内田俊一》