新型フィアット・パンダ

欧州での販売不振を受けて、イタリア国内工場の閉鎖の噂が持ち上がっているフィアット。フィアットは5日、工場閉鎖を伝えた一部報道の内容を否定した。

事の発端は5日、イタリアのメディア、『Affaritaliani.it』が、「フィアットがイタリアのミラフィオリ工場とポミリアーノ工場の2か所の閉鎖を決定した」と報じたこと。

これに対して、フィアットは5日、声明を発表。「ポミリアーノ工場は4か月前から、フィアットにとっての重要車種、新型『パンダ』の生産を開始したばかり。ミラフィオリ工場では2013年末からフィアットの新型車、そして2014年春からジープブランド車を生産することが取締役会で承認されている」とし、報道内容を真っ向から否定した。

フィアットは「イタリア国内の工場を閉鎖する計画は、存在しない」とコメントしている。

フィアット・ミラフィオーリ工場 フィアット・ポミリアーノ工場