プジョー208(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

プジョーは6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー12において、『208』を初公開した。すでに2011年11月、車両の概要は公表されている208だが、モーターショーでのワールドプレミアの舞台には、2012年のジュネーブが選ばれた。

208は、プジョーの主力コンパクトカー、『207』の後継車。プジョーが208の開発で重視したのが、軽量化と環境性能の向上だ。

208の車両重量は、部品単位での軽量化により、207比で平均110kgの軽量化を実現。ベースグレードでは1tを切る975kgを実現した。プジョーによると、グレードによっては、207比で最大173kgも軽くなっているという。

207よりも全長を70mm、全高を10mmコンパクト化したのも208が軽量化を果たした理由のひとつ。それでいて、パッケージングを煮詰めることにより、207比で後席足元の空間は50mm、トランク容量は15リットル(VDA計測法)拡大することに成功している。

エンジンは、3気筒ガソリンユニットを新開発。排気量は、1.0リットルと1.2リットルの2種類が用意される。アイドリングストップなどの採用により、1.0リットルの場合、欧州複合モード燃費は23.26km/リットル、CO2排出量は99g/km。ディーゼルエンジンは、欧州複合モード燃費29.42km/リットル、CO2排出量87g/km。プジョーによると、平均CO2排出量は207比で34g/km改善され、環境性能はクラストップレベルにあるという。

プジョー208(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 プジョー208(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 プジョー208(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 プジョー208(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 プジョー208(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 プジョー208(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 プジョー208(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 プジョー208(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 プジョー208(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 プジョー208(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 プジョー208(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 プジョー208(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》