2008年、最後となっているフランスGP。序盤はライコネンがリード(当時フェラーリ)。

フランスのスポーツ大臣に就任したダビド・ドゥイエは、フランス側の受け入れ準備はすでに整っており、ベルギー側が2013年以降、隔年で開催権を譲るのを待っている段階だと語った。

バーニー・エクレストンは、ヨーロッパの開催地を増やす手立てとしてホッケンハイムとニュルブルクリンクのような隔年開催の拡大を支持すると発言した中で、「フランスとベルギーが組むべきだ」とも語っている。

「エクレストンには、フランス政府の準備は整ったことを伝えた。資金面ではこちらの提案を受け入れてくれたので、あとはベルギー側の反応を待つだけだ」

ドゥイエは、スパとエクレストンの契約が毎年開催を明記していることもベルギー側の拒否反応に影響を与えていることも指摘した。

「この問題は彼らの間で解決してもらいたい。こちら側はOKだ。そしてフランス自動車産業のためにも開催を強く希望している」

2008年フランスGP、フェラーリのマッサとライコネンが1-2フィニッシュ。