ケイターハムCT01(ドライバーはカーティケヤン。3月4日、バルセロナテスト)

F1の興行部分を一元的に取り仕切るドン、バーニー・エクレストンが、またしてもF1の大改革案をぶち上げた。

HRT、マルシャ、ケーターハムの3チームが2010年の参戦以来苦戦続きであることを理由に、これらのチームにトップチームの1年落ちマシンの利用を認め、3年後に本物のマニュファクチャラーに移行させようとう私案だ。実際にはすでにマルシャがマクラーレンの技術支援を受け入れている。

「この3チームの場合、開発負担を少し減らしてやりさえすれば、将来は立派にやって行けるようになると私は考えている。具体的には、グリッド最後方の数チームに、コンストラクターチームの前年マシンの使用を認めるべきだろう。レッドブルでもマクラーレンでも良いので3年間に限って型落ちマシンの使用を認めた後に、正規F1コンストラクターへの移行を促せば良い」

トップチームの予算規模を下位チームと同等までに強制的に引き下げるやり方ではなく、F1新規参入チームの負担を軽減する方向にレギュレーションを手直ししようというわけだ。

いわゆるカスタマーカーによる参戦は、トーロロッソがレッドブルの機材をそっくりそのまま使用するという状況が批判されたため、数年の移行期間を経て2010年から全面的に禁止された。

HRT F112(ドライバーはカーティケヤン。バルセロナテスト)