WECにシリーズ参戦を決定したトヨタ TS030 ハイブリッド(第2戦よりデビュー)

伝統のルマン24時間耐久レースを含むシリーズ戦、FIA世界耐久選手権(WEC)の第7戦が富士スピードウェイ(FSW)で開催される。FSWは7日、富士6時間耐久レースの概要を公表、10月12〜14日(決勝:14日)の日程で開催すると発表した。

WECは、2011年までインターコンチネンタル ル・マン カップとして開催されていた選手権が進化したもので、2012年は世界8か国で開催される。

既に全8戦の開催カレンダーは公表されているが、富士スピードウェイの開催日程は、10月12日に練習走行、13日に公式予選、14日決勝(11時スタート予定)といったスケジュールになった。前売観戦券の発売は6月上旬を予定しているが、詳細については後日発表される。

WECに関しては、富士スピードウェイは1982年に「世界耐久選手権6時間レース」として日本で初開催、その後大会名称を「WEC in JAPAN」に変え1988年まで開催していた歴史があり、今年24年振りの開催となる。

富士スピードウェイの加藤裕明代表取締役社長は「最新技術が搭載されたプロトタイプスポーツカーによるメーカーの威信をかけた戦いや、世界のスーパーカーの熱いバトルが繰り広げられる、このWEC“富士6時間耐久レース”にどうぞご期待ください。かつて富士スピードウェイに足を運んでいただいたWECオールドファンの方はもちろんのこと、全てのモータースポーツファンの皆様に心から楽しんでいただける大会にすべく、鋭意準備を進めてまいりたいと思います」と開催への意気込みをコメントしている。

WEC2012年開催スケジュール
●開催地:大会名称(決勝日)
●第1戦アメリカ:セブリング12時間耐久 (3月17日)
●第2戦ベルギー:スパ・フランコルシャン6時間耐久(5月5日)
●第3戦フランス:ルマン24時間耐久(6月16〜17日)
●第4戦イギリス:シルバーストーン6時間耐久(8月25日)
●第5戦ブラジル :サンパウロ6時間耐久(9月15日)
●第6戦バーレーン:バーレーン6時間耐久(9月29日)
●第7戦日本:富士6時間耐久(10月14日)
●第8戦中国:上海6時間耐久(10月27日)

アウディR18 eトロン・クワトロ