完成予想図

丸紅をプロジェクトインテグレータとするコンソーシアムが経済産業省からの委託事業である浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業に採択された。

コンソーシアムは丸紅のほか、東京大学、三菱商事、三菱重工業、IHIマリンユナイテッド、三井造船、新日本製鐵、日立製作所、古河電気工業、清水建設、みずほ情報総研で構成する。

実証研究事業では、福島県沖の海域に、浮体式風力発電機3基と洋上サブステーション1基を建設して実施する。2011年度中に開始する第1期実証研究事業では、2MWのダウンウィンド型浮体式洋上風力発電設備1基と、世界初となる66kV浮体式洋上サブステーション、海底ケーブルを設置する。

2013年度から2015年度にかけて行う第2期実証研究事業では、7MW級浮体式洋上風力発電設備2基を追加設置する。

福島県では、震災復興に向けて再生可能エネルギーを中心とした新たな産業の集積・雇用の創出に期待しており、風車産業の一大集積地となることを目指している。今回の実証研究事業がこの第一歩とする計画。

浮体式洋上ウィンドファーム事業は漁業との共存が大きな課題で、実証研究事業では周辺海域の漁業関係者との対話・協議を通じ、将来の事業化を模索する。

また、実証研究事業を行うことで浮体式洋上風力発電のビジネスモデルの確立も模索する。世界で初めての浮体式洋上ウィンドファームのノウハウを蓄積し、海外プロジェクトに展開することによって、日本の主要な輸出産業の一つに育成することも視野に入れている。