レクサス RX450h Fスポーツ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

レクサスは6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー12において、『RX』の2013年モデルをワールドプレミアした。

現行レクサスRXは、2009年に発表。2013年モデルはデビュー以来、初の大幅改良となる。そのハイライトは、新型『GS』から導入を開始したレクサスの新しい顔、スピンドルグリルの採用だ。これにより、表情を一新することに成功している。

室内は、ステアリングホイールのデザインを変更。センターコンソールの形状も見直され、使い勝手やアクセス性を向上させた。エボニーカラーのバーズアイメープルのウッドパネルや、オプションのサドルレザーインテリアも新アイテムだ。

メカニズム面では、ハイブリッドの「RX450h」グレードに、従来のECOモードに加えて、Sportモードを新設定。スロットルレスポンスやシフトチェンジのタイミングが、スポーティな方向へと変化する。

このレクサスRXの2013年モデル、日本では今春、発表される予定だ。

レクサス RX450h Fスポーツ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 レクサス RX450h Fスポーツ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 レクサス RX450h Fスポーツ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 レクサス RX450h Fスポーツ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 レクサス RX450h Fスポーツ(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 レクサスRXの2013年モデル(ジュネーブモーターショー12) レクサスRXの2013年モデル(ジュネーブモーターショー12) レクサスRXの2013年モデル(ジュネーブモーターショー12) レクサスRXの2013年モデル(ジュネーブモーターショー12) レクサスRXの2013年モデル(ジュネーブモーターショー12)