フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) 《撮影 北島友和》

フォルクスワーゲンは6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー12において、『ポロ・ブルーGT』を初公開した。

同車は、環境性能を追求した『ポロ』の新グレード。フォルクスワーゲンが新開発した気筒休止システムを、同社の市販車に初搭載したのがポロBlue GTだ。

注目のエンジンは、直噴1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」。最大出力は140psを発生する。気筒休止システムは、エンジン回転数が1250-4000rpmの範囲かつ、2.5‐10.2kgmのトルクが引き出されている状態で、4気筒のうち2気筒を休止するというもの。

これにより、欧州複合モード燃費は21.28km/リットル、CO2排出量108g/kmを実現。フォルクスワーゲンによると、最大で約0.9km/リットルの燃費改善効果が期待できるという。

一方、パフォーマンスも犠牲にしていない。0-100km/h加速は7.9秒、最高速は210km/h。『ポロGTI』用のエアロパーツやデュアルエグゾーストなども装備され、ポロ・ブルーGTは今夏、欧州市場で発売される。

フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) 《撮影 北島友和》 フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) 《撮影 北島友和》 フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) 《撮影 北島友和》 フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) 《撮影 北島友和》 フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) 《撮影 北島友和》 フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) 《撮影 北島友和》 フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) 《撮影 北島友和》 フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) 《撮影 北島友和》 フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) 《撮影 北島友和》 フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) 《撮影 北島友和》 フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) 《撮影 北島友和》 フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12)《撮影 北島友和》 フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) 《撮影 北島友和》