山口県警は3日、山口県周南市内の県道で、飼い犬をひざの上に乗せた状態でクルマを運転していたとして、同市内に在住する53歳の男を道路交通法違反(乗車積載方法違反)の現行犯で逮捕した。逃走の可能性があったためで、同日中に釈放している。

山口県警・周南署によると、逮捕された男は3日の午前11時35分ごろ、周南市桜馬場通2丁目付近の県道で軽乗用車を運転中、飼い犬(トイプードル)をひざの上に乗せていた疑いがもたれている。

付近をパトロールしていた同署員が発見してクルマを抑止。運転していた男に職務質問を行った際に運転免許証の提示を求めたが、男はこれを拒否。逃走する素振りを見せたことから、道交法違反の現行犯で逮捕した。

調べに対して男は「犬は助手席にした。ひざに乗ってはない」と容疑を否認していたが、その後に本人確認が取れたことから同日中に釈放している。

道交法では「運転者の視界や、ハンドル操作を妨げる行為」を禁じており、ペットをひざに乗せたり、抱きかかえての運転がこれに抵触するという。