フォルクスワーゲン・ゴルフGTIカブリオレ(ジュネーブモーターショー12)

フォルクスワーゲンは、3月6日から開催されるジュネーブモーターショーで、新型『ポロ・ブルーGT』をはじめとするニューモデルを一斉公開した。

新型ポロ・ブルーGTは、同社では初採用となる気筒休止システム「ACT」を搭載。アイドリングストップとブレーキエネルギー回生システムが付いた1.4リッターTSIエンジンの最高出力は140PS。欧州複合モード燃費は、4.7リットル/100km、7速DSG仕様では4.5リットル/100kmとなっている。

『クロスクーペ』は、新しいモジュールコンセプト「MQB」に基づき、同社の近未来におけるSUVデザインの方向性を示すモデルとして、昨年の東京モーターショーでデビュー。今回はパワートレインをガソリンTSIからTDI(直噴ターボディーゼル)に置き換え、ディーゼルプラグインハイブリッドとして出展する。

『up!』の新しいバリエーションでは、開催国スイスの国旗と国旗色をモチーフにした『スイスup!』を含む全4モデルを発表。『ウインターup!』は、近い将来の生産を視野に入れ、『クロスup!』をベースに提案されたウインタースポーツファン向けの1台。『X up!』は、同じくクロスup!をベースにしたアドベンチャー仕様となっている。また商用向けの『カーゴup!』は、1400リットルものトランク容量を確保している。

『ゴルフGTIカブリオレ』は、GTIのパワートレインを持つ史上最強のカブリオレとして登場。210PSのエンジンパワーにより、最高速度は237km/hに達するが、100kmあたりの燃料消費量は欧州複合モードで7.6リットルとなっている。

『ザ・ビートル』および『パサート』のRラインは、スポーティモデル「R」シリーズを手がけるフォルクスワーゲン R GmbH社のデザインによる、「R」専用デザインパーツを採用したスペシャルモデル。

ザ・ビートルでは、最上級グレードの1.4リットルTSIと2.0リットルTSIの「スポーツ」グレードに設定。前後の専用大型バンパーやサイドスカート、大口径純正アルミホイールなどのエクステリアに加え、スポーツシートやインテリアのアクセントなどが多数採用。今夏から販売開始予定。

『パサートRライン』のエクステリアとインテリアも、スポーティな「R」デザインアイテムを多数採用。同モデルは、中間グレードの「コンフォートライン」と上級グレードの「ハイライン」の間を埋めるモデルとして、近い将来、独立したモデルラインアップとして追加される予定。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTIカブリオレ フォルクスワーゲン・ゴルフGTIカブリオレ フォルクスワーゲン・ゴルフGTIカブリオレ フォルクスワーゲン・ゴルフGTIカブリオレ フォルクスワーゲン・ゴルフGTIカブリオレ フォルクスワーゲン・ゴルフGTIカブリオレ フォルクスワーゲン・ポロ・ブルーGT(ジュネーブモーターショー12) フォルクスワーゲン・クロスクーペ フォルクスワーゲンup!