フォード フィエスタST 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

フォードモーターは5日、スイスで開催したジュネーブモーターショー12のプレビューイベントにおいて、新型フォード『フィエスタST』の市販モデルを初公開した。

フィエスタSTは、欧州市場で人気のコンパクトカー、『フィエスタ』の高性能バージョン。新型フィエスタSTのコンセプトカーは、2011年9月のフランクフルトモーターショー11で3ドア、同年11月のロサンゼルスモーターショー11で5ドアが披露されており、今回発表されたのは、3ドアの市販バージョンだ。

市販版のエンジンはコンセプトカー同様、直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「エコブースト」を搭載。最大出力180ps、最大トルク24.5kgmを引き出す。0-100km/h加速7秒以下、最高速は220km/h以上。それでいて、CO2排出量は先代フィエスタST比で20%改善された。

足回りは、フォードチームRSが開発を担当。ドイツ・ニュルブルクリンクで、5000kmに及ぶ走行テストを繰り返した。車高が15mm低められたスポーツサスペンション、トラクション性能を高めるトルクベクトリングコントロールなどが採用される。

内外装は、専用エアロパーツやレカロ製スポーツシートなど、高性能モデルに相応しい演出。新型フィエスタSTは2013年、欧州市場で発売される予定だ。

フォード フィエスタST 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォード フィエスタST 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォード フィエスタST 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォード フィエスタST 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォード フィエスタST 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォード フィエスタST 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォード フィエスタST 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード フィエスタST 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード フィエスタST 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード フィエスタST 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード フィエスタST 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード フィエスタST 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード フィエスタST 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード フィエスタST 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード フィエスタST 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォードのプレスカンファレンス《撮影 宮崎壮人》