フォード クーガ 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

フォードモーターは5日、スイスで開催したジュネーブモーターショー12のプレビューイベントにおいて、新型『クーガ』を初公開した。

クーガは2008年、欧州市場へ投入された小型クロスオーバーモデル。『フォーカス』の車台をベースに開発されたもので、2010年秋には、日本市場でも発売されている。

フォードモーターは2011年秋、ロサンゼルスモーターショー11において新型『エスケープ』を発表。新型クーガは、その欧州市場向けモデルに位置づけられる。

新型エスケープと新型クーガの内外装の違いは、ほとんどない。新型エスケープで導入された車体のリアに足をかざすとゲートが開けられる「ハンズフリーテールゲート」も、新型クーガの特徴装備として採用される。

メカニズム面では、エンジンが異なる。新型クーガには、欧州で人気の高いディーゼルエンジンが設定された。2.0リットル直列4気筒ターボディーゼルの「TDCi」ユニットは、最大出力が140psと163psの2種類を用意。遅れて、ガソリンエンジンの1.6リットル直列4気筒ターボ「エコブースト」が追加される。

新型クーガは年内に、欧州市場で発売。欧州フォードのステファン・オデル会長兼CEOは、「新型は室内の広さや動力性能など、あらゆる点で現行モデルを上回る」とコメントしている。

フォード クーガ 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォード クーガ 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォード クーガ 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォードのプレスカンファレンス《撮影 宮崎壮人》 フォード クーガ 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード クーガ 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード クーガ 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード クーガ 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード クーガ 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード クーガ 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード クーガ 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード クーガ 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード クーガ 新型(ジュネーブモーターショー12) フォード クーガ 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォード クーガ 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォード クーガ 新型(ジュネーブモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 フォードのプレスカンファレンス《撮影 宮崎壮人》