2月の新車登録、トヨタ・アクアは2位フィットとの差が3000台になった《撮影 宮崎壮人》

日本自動車販売協会連合会が6日発表した2月の新車乗用車販売台数ランキング(軽除く)によると、トヨタの『プリウス』が9か月連続トップとなった。

2位は前月と同じくホンダ『フィット』。トヨタのハイブリッドカー『アクア』はワンランクアップの3位に浮上した。4位はホンダ『フリード』、5位はトヨタ『ヴィッツ』と、低燃費モデルがトップ5を独占した。

1位:プリウス 3万5875台(87.7%増)
2位:フィット 2万4973台(48.0%増)
3位:アクア 2万1951台
4位:フリード 1万3293台(89.0%増)
5位:ヴィッツ 1万1288台(31.5%減)
6位:セレナ 1万0555台(9.4%増)
7位:カローラ 6923台(6.6%増)
8位:ヴェルファイア 6899台(55.8%増)
9位:ノート 6742台(71.6%増)
10位:ヴォクシー 6293台(22.4%増)

トヨタ・プリウス ホンダ・フィット・ハイブリッド ホンダ・フリード・ハイブリッド《撮影 高木啓》 トヨタ・ヴィッツ