ダイハツが投入した低燃費車ミライース

全国軽自動車協会連合会が6日発表した2月の軽四輪車通称名別新車販売ランキングによると、ダイハツの『ミラ』が5か月連続トップとなった。低燃費車『ミライース』が好調なミラは、前年同月比で3倍を超える販売台数が続いている。

2位は前月同様、スズキ『ワゴンR』が入った。ホンダの新型車『N BOX』は前月から2ランクアップの3位となった。

一方、スズキが投入した低燃費車『アルトエコ』も前年同月比で40%増と、他のハイトワゴンと比べ健闘しているものの、ミライースとは明暗を分けた形だ。

1位:ミラ 2万2023台(224.9%増)
2位:ワゴンR 1万6861台(17.5%増)
3位:N BOX 1万5322台(12月発売)
4位:タント 1万5015台(9.1%増)
5位:ムーヴ 1万4587台(10.1%減)
6位:アルト 1万1456台(39.1%増)
7位:モコ 7164台(6.2%減)
8位:パレット 6414台(21.9%増)
9位:ライフ 6206台(21.1%減)
10位:ルークス 5539台(3.1%減)

スズキ・ワゴンR ホンダN BOX ダイハツ・タント ダイハツ・ムーヴ