NTTデータカスタマーサービスのフィールドサービス用業務車両 にミニキャブMiEVを導入

NTTデータカスタマサービスは6日、首都圏支社において軽貨物型の電気自動車(EV)を導入したと発表した。

導入車両は、三菱『ミニキャブMiEV』で、車体外装デザインは、東京造形大学に依頼。「森と街とをつなぐ」をコンセンプトに、自然環境との調和をアピールポイントとしている。

同社では、日々の保守・工事のフィールドサービスでEVを活用することで、CO2排出の環境負荷低減を目指すとともに、将来的には災害時にEVを利用した電源供給を行うことも計画している。