イメージ

1日午前11時20分ごろ、神奈川県秦野市内で市道を歩いていた64歳の女性から現金の入ったハンドバッグをクルマを使ってひったくったとして、神奈川県警は19歳の少年を窃盗容疑で逮捕。共犯の12歳の男児を窃盗の非行事実で児童相談所に通告した。

神奈川県警・秦野署によると、現場は秦野市柳町付近。道路左側の路肩を歩いていた64歳の女性に対し、後方から接近してきた乗用車の助手席に同乗していた人物が現金約2万5000円の入ったバッグをひったくった。

女性は逃走するクルマのナンバーを警察に通報。航空隊のヘリコプターがクルマを発見し、地上のパトカーや白バイに連絡。クルマは白バイなどに包囲され、乗っていた19歳の少年と12歳(小学6年生)の男児はクルマを放置して逃走したが、ただちに身柄を取り押さえられた。

その後の調べで、19歳の少年が同日早朝に平塚市内で盗んだクルマを運転していたことがわかり、2日未明に窃盗容疑で逮捕。同乗していた12歳の男児は少年の指示に従い、ひったくりに及んでいたことが判明し、窃盗の非行事実で児童相談所に通告している。

2人は遊び仲間。1日午前10時30分ごろには小田原市内でも同様のひったくり事件が発生しており、容疑車両や犯行形態が似通っていることから、警察ではこの事件にも2人が関与した疑いがあるとみて、調べを進めている。