ホンダ系大手サプライヤーのケーヒンは、タイ・アユタヤのロジャナ工業団地にあるケーヒンオートパーツ(タイランド)(KTR)が3月6日から製品出荷を再開すると発表した。

KTRはタイ洪水で建物が浸水していた。四輪車用機構製品と空調製品は、先行して生産を再開していたが、電子制御製品も設備の入れ替えが完了し生産を再開し、復旧が完了する。

また、1月から同社の子会社となった四輪車用熱交換器の製造販売を行うケーヒン・サーマル・テクノロジー(タイランド)も同工業団地にあり、浸水被害を受け設備などの復旧工事を進めてきたが、復旧工事が完了し、3月5日から生産を再開した。3月中にはグローバルでのバックアップ生産からタイ工場での生産へ順次切り替え、洪水前の状況に復旧する予定。

主要納入先のホンダの工場は復旧している。