セナ(ウィリアムズ。3月4日、バルセロナテスト)

バルセロナテストを走ったブルーノ・セナは、2012年仕様のウィリアムズがタイヤに優しい特性であることを賞賛した。

「タイヤ性能の温存は開発にあたって、チームが特に力を注いだ部分だ。どのタイヤも総じて予想よりも長く性能を保ってくれた。僕が担当したテストでは、少しだけ時間が足りず、ハードタイヤの確認が充分にできなかったのは惜しまれるけど、おそらくこれも大きな問題はないと思う」

セナ(ウィリアムズ。3月4日、バルセロナテスト)