ダイハツ・ミライース

全国軽自動車協会連合会が発表した2月のブランド別軽自動車販売台数によると、三菱自動車を除く全ブランドが前年を上回った。

エコカー補助金制度の復活で販売は好調に推移しており、各社とも好調で、特にシェアトップのダイハツはシェアが34.3%だった。

1位:ダイハツ 6万3969台(25.6%増)
2位:スズキ 5万2018台(14.7%増)
3位:ホンダ 2万6715台(86.1%増)
4位:日産 1万6440台(1.7%増)
5位:スバル 9572台(16.9%増)
6位:三菱 8875台(6.4%減)
7位:マツダ 5247台(25.2%増)
8位:トヨタ 3574台

スズキ・アルトエコ