分散型エネルギー管理・制御システムの実証実験イメージ

NECとオリックスは共同で、「蓄電池を用いた分散型エネルギー管理・制御システムの技術開発および実証事業」を東北の被災地である岩手、宮城、福島で実施する。

実証事業は、経済産業省の「2011年度補正予算IT融合による新産業創出のための研究開発事業」の委託先として採択されたもの。

実証事業では、リチウムイオン2次電池を使った中型蓄電システムとそれを使った分散型エネルギー管理・制御システムを開発し、それを東北地区にある店舗や中小規模ビルへ太陽光発電システムと小型/中型蓄電システムを分散導入する。クラウド型リモート管理・制御システム上のデマンドレスポンス機能と連携、これら複数の蓄電池をリモート管理・制御することで、エネルギー需給の最適化を実証する。

実証事業の実施期間は3月1日から2013年3月31日まで。

NECは、自動車用途で必要とされる高効率な充放電特性、安全性、長寿命を実現するリチウムイオン電池技術を持つ。また、大型ラミネートタイプのマンガン系リチウムイオン電池を世界で初めて商品化し、2011年7月には、電力系統と連動可能な家庭用蓄電システムも業界に先駆けて商品化している。実証事業では、小型/中型蓄電システム、これらと連携したクラウド型リモート管理・制御システムを開発する。

オリックスは、新エネルギーの活用や省エネルギー機器の導入など、利用者のエネルギー使用状況を把握した上で、それに適した手法を提供するESCO事業、太陽光発電システムの販売、電力小売事業や電力一括購入サービスなどの電力関連ビジネス、廃棄物処理施設の運営など、環境・エネルギー分野での事業を展開している。実証事業では、蓄電池を用いた分散型エネルギー管理・制御システムの導入効果の予測シミュレーションやビジネスモデルの立案・検証を行う。

両社は今後、実証実験を進めるとともに、実験終了後には、製品化やビジネス展開の可能性を探り、蓄電池を使ったピークカットやデマンドレスポンスによる電気料金の低減、太陽光発電システムと蓄電池を連携したエネルギーの地産地消に向けた貢献を進める方針だ。