BMW 3シリーズ

新型BMW『3シリーズ』のハイライトのひとつは、ダイナミックかつエレガントなデザインである。

エクステリアデザインの特徴について、マーケティングディビジョンプロダクト・マネジメントプロダクト・マネジャーの岡田信之さんは、「フロントは低く構え、ワイドに見えるデザインです。キドニーグリルをフラットで横方向にワイドな形状にするほか、バンパーのエアインテークも車両幅いっぱいまで広げその印象を強調しています」と話す。

大きなチャレンジは、ヘッドライトとキドニーグリルの関係にある。

岡田さんは「ヘッドライトがキドニーグリルに周り込むデザインとすることで、キドニーグリルに奥行きを与え、より存在を際立たせるようになっているのです」、また、「これまでBMWはキドニーグリルとヘッドライトのデザインについては色々な方向性を試してきましたが、今回のデザインは今後の新しい方向性を示していると思います」と説明する。

サイドデザインでは、3つのプレスラインが特徴的である。

「まず、中央に走るプレスラインは躍動感を与え、もう1本(サイドシルの上のライン)はボディをのびやかに、軽快感があるように見せる効果があります。そして、もう1本(フロント先端からサイドウインドウ下を走るライン)の効果も、ボディを軽快に見せていますが、特にエンジンフードを、非常に低く見せる効果があり、ノーズ周りでの軽快感が増すように表現されています」。

また、「ルーフラインはかなりクーペのようになだらかな流れを持ち、よりエレガントなデザインです。プロポーションはもちろんロングノーズと後ろよりのキャビンといった、後輪駆動ならではのデザインを踏襲しています」と、岡田さんは述べる。

さらに、リアにおいては「水平のラインを多用していますが、特にバンパー上部のラインを左右のテールランプ方向へ上げることで、躍動感を与えています。そのテールランプはより典型的なL字型で、LEDのライトが2本入っていますので、夜間においてもBMW3シリーズだということを強調しているのです」と語った。

BMW 3シリーズ BMW 3シリーズ BMW 328i《撮影 内田俊一》 BMW 328i《撮影 内田俊一》 BMW 328i《撮影 内田俊一》