独ロディング社の軽量スポーツカー、ロードスター

ドイツのロディング(Roding)オートモビル社が6日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー12でワールドプレミアするロディング『ロードスター』。その画像が公開された。

同車のハイライトが、軽量構造。脱着式ルーフを備えたオープンボディには、グラスファイバーなどの軽量素材を使用。シャシーにはCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)を採用し、車両重量は950kgとした。

この軽量ボディに、BMW製をベースとした直列6気筒ガソリンエンジンを搭載。ターボチャージャーで過給され、最大出力320ps、最大トルク45.9kgmを発生する。

予定生産台数が、わずか23台のロードスター。同社がティーザースケッチに続いて公開した画像からは、エッジが強調されたフォルムや、カーボンファイバー製のドア&ボンネットが確認できる。

独ロディング社の軽量スポーツカー、ロードスター 独ロディング社の軽量スポーツカー、ロードスター