純正オーディオを高音質化するソニックプラス(写真:30系プリウス/プリウスα専用ハイグレードモデル「SP-P30M」)

ソニックデザインは2日、トヨタ『プリウス』や『アルファード』向けに開発した、純正カーオーディオシステムを高音質化する車種別専用スピーカーパッケージ『SonicPLUS』(ソニックプラス)の新製品計5機種を発売した。

今回、30系『プリウス』/『プリウスα』、20系『アルファード』/『ヴェルファイア』向けとして、フロント専用にスタンダードモデル2機種とハイグレードモデル2機種。さらにプリウス/プリウスα向けに、リア専用スタンダードモデル1機種を用意した。

同システムは、純正スピーカーと交換装着できることを特徴とし、付属の専用バッフルとスピーカー配線変換カプラーを使って、ボルトオン&カプラーオンで取り付け作業が行なえる。このため車両の価値を損なわず、将来乗り換えの時の現状復帰も容易になるとしている。

プリウス/プリウスα専用モデルでは、“静粛性の高いハイブリッドカーの車内でデリケートな音の違いを楽しむ”といった開発ポイントを掲げ、特にEVモード走行時に気になる車外への音漏れをエンクロージュア効果によって防ぐことを目指した。

アルファード/ヴェルファイア専用モデルでは、“ミニバンの広い室内でも付帯音の少ないクリアな音を楽しむ”ことをポイントに掲げ、純正プレミアムオーディオとはテイストの異なる自然なサウンドを追求した。

「SonicPLUS」トヨタ車専用モデル5機種
プリウス/プリウスα(30系)専用
フロント用
●ハイグレードモデル「SP-P30M」
価格:9万8000円
●スタンダードモデル「SP-P30E」
価格:5万6000円
リア用
●スタンダードモデル「SP-P30RE」
価格:3万3000円

アルファード/ヴェルファイア(20系)専用
フロント用
●ハイグレードモデル:「SP-A20M」
価格:9万8000円
●スタンダードモデル「SP-A20E」
価格:5万6000円

30系プリウス/プリウスα専用スタンダードモデル「SP-P30E」 30系プリウス/プリウスα向けリア専用「SP-P30RE」