ヒュンダイモーターのコンセプトカー、i-oniq

韓国ヒュンダイモーターは1日、6日にスイスで開幕するジュネーブモーターショー12に出品するコンセプトカー、『i-oniq』の概要を明らかにした。

『i-oniq』は、ヒュンダイのデザイン言語、「fluidic sculpture」(流体の彫刻)を、次なる段階へと昇華させるスタディモデル。「スポーツハッチバック」と名づけた独特のデザインは、躍動感が強調されたものだ。

モーターに、発電専用の小排気量エンジンを組み合わせたレンジエクステンダー(航続距離延長)EVスポーツカーという点もi-oniqの特徴。基本はモーター走行するEVで、モーターは最大出力109psを発生。二次電池はリチウムイオンバッテリーで、最大120kmの走行を可能にする。

バッテリー残量が少なくなると、発電専用の1.0リットル3気筒ガソリンエンジンが始動。バッテリーを充電するとともに、ジェネレーターを回してモーターに電力を供給する。これにより、最大航続距離は、700kmへ伸びる仕組みだ。

ヒュンダイモーターは「CO2排出量は45g/km」と、その環境性能の高さをアピールしている。