東京アールアンドデー、国内初の電動移動販売車

東京アールアンドデーは、3月5日より、つくば市内において、国内初の電動移動販売車の実証走行試験を開始する。

同社が走行試験に使用する電動移動販売車は、環境省「2011年度地球温暖化対策技術開発等事業」で採択された「配送用トラックのEV化技術の開発・実証」事業として開発したもの。今回の実証試験では、北関東を中心にスーパーマーケットを展開するカスミの協力のもと、「移動スーパー」として、約1年間、つくば市内で実際に走行を行う。

「配送用トラックのEV化技術の開発・実証」事業は、トラック用EV化改造キットの開発と早期普及が可能なビジネスモデルの構築を目的に、東京アールアンドデーとエネルギー総合工学研究所が共同で進めている。

同社では、今回の実証走行試験の結果を基に、改造EVトラックの普及に有効な仕様の検討と総合的な分析を行い、事業展開が可能なビジネスモデルの構築を目指す。