ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ、インド市場向けバーラト・ベンツ

三菱ふそうトラック・バスが技術サポートするインドのダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ(DICV)は、「バーラト・ベンツ」ブランドで、2014年までに現地販売する小型トラックおよび大型トラック17機種を発表した。

今回、DICVが発表した小型トラックは、MFTBCの小型トラック『キャンター』および中型トラック『ファイター』のプラットフォームを活用したもので、4D34型4気筒ディーゼルエンジンを搭載。車両総重量9トン(エンジン出力100kW)および、12トン(同125kW)仕様となる。また、大型トラックはダイムラー社の『Axor』のプラットフォームを活用した車両で、車両総重量は25トン、31トン、および49トン(トラクター)となる。

三菱ふそうは車両の開発・生産に際し、全面的にDICVをサポート。車両全体設計、CAE解析、車両の実験・評価方法、エンジンおよびトランスミッションの現地化、生産技術等の分野を支援。DICVへの技術者の派遣および、同技術者の受け入れも行ってきた。

バーラト・ベンツ発表会(3月2日、ハイデラバード) バーラト・ベンツ発表会(3月2日、ハイデラバード) バーラト・ベンツ発表会(3月2日、ハイデラバード) バーラト・ベンツ発表会(3月2日、ハイデラバード) バーラト・ベンツ発表会(3月2日、ハイデラバード)