マクラーレン大阪八光ショールーム《撮影 土屋篤司》

マクラーレン・ オートモーティブのアジア太平洋地域の販売を統括、運営するマクラーレン・オートモーティブ・アジアは2日、アジア太平洋地域初のショールーム「マクラーレン大阪八光」を3月3日にオープンすると発表した。

マクラーレン大阪八光は、正規販売代理店である八光カーグループが運営する。世界19か国35店舗のマクラーレン正規販売代理店ネットワークのひとつとして、大阪御堂筋沿い、心斎橋に開設、主に日本国内で中部以西の地域の販売を担当する。

マクラーレン大阪八光は、マクラーレンにとってアジア太平洋地域内で最初のショールームとなる。店舗はマクラーレンのグローバルコンセプトで設計されている。

フロアタイルからコンサルテーションスペースの家具類、天井素材や照明機材まで、指定されたデザインで統一。ショールームに足を運んだ顧客に対し、マクラーレンブランドの世界観を実感してもらうことを目指しているという。

また同店舗には、ヒストリックF1マシン「MP4/4」 を展示する。このマシンは、1988年F1世界選手権シリーズで、アイルトン・セナが乗車したもの。

コンサルテーションスペースでは、システムを活用し来客それぞれのこだわりの1台をデザインすることができる。17色の外装色、17種類の内装色から好みの組合せを選び、ステッチカラーやカーボンファイバーパーツ、ホイルオプションなども確認できる。

マクラーレン大阪八光ショールーム《撮影 土屋篤司》 マクラーレン大阪八光ショールーム《撮影 土屋篤司》 マクラーレン大阪八光ショールーム《撮影 土屋篤司》 マクラーレン大阪八光ショールーム《撮影 土屋篤司》 マクラーレン大阪八光ショールーム《撮影 土屋篤司》 マクラーレン大阪八光ショールーム《撮影 土屋篤司》 マクラーレン大阪八光ショールーム《撮影 土屋篤司》 マクラーレン大阪八光ショールーム《撮影 土屋篤司》 マクラーレン大阪八光ショールーム《撮影 土屋篤司》 マクラーレン大阪八光ショールーム《撮影 土屋篤司》 マクラーレン大阪八光ショールーム《撮影 土屋篤司》