マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》

3日、大阪にオープンするマクラーレンの市販店舗「マクラーレン大阪八光」の池田晋八支店長によると、『MP4-12C』はすでに約30台の受注を得ているという。

同店舗の販売エリアは国内の中部以西をメインとしており、今後東京にもショールームがオープンする予定で販売台数はさらに伸びる事が予測される。

MP4-12Cの価格は2790万円。マクラーレンでは、MP4-12Cの導入初年度生産台数をグローバルで約1000台としており、そのうち80〜100台が日本での販売になると見込んでいる。

八光グループの池田淳八代表は「中部以西には、地元に根付き、歴史ある企業を経営されているお客様などが多くいます。したがって経済的に安定した方が一定数いらっしゃる。また当社はアストンマーチンやランドローバーなど、輸入車を販売してきたノウハウも蓄積されています。そうしたノウハウを生かして販売活動を行なっていきます」と話した。

八光グループの池田淳八代表《撮影 土屋篤司》 マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》 マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》 マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》 マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》 マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》 マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》 マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》 マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》 マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》 マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》 マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》 マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》 マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》 マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》 マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》 マクラーレン MP4-12C《撮影 土屋篤司》