ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4

イタリアのスーパーカーメーカーで、現在はフォルクスワーゲングループのアウディ傘下のランボルギーニ。同社は1日、2011年通期の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は3億2200万ユーロ(約348億円)。前年の2億7100万ユーロ(約293億円)に対して、19%伸びた。

売り上げの増加は、『ガヤルド』の販売好調による部分が大きい。同車はすでに2003年の発売以来、累計1万2000台以上をセールスした。また、新型スーパーカー、『アヴェンタドールLP700‐4』の受注も好調。2011年のランボルギーニ全体の世界新車販売台数は1602台で、前年比23%増の伸びを示した。

市場別では、米国と中国が主要マーケットに君臨。英国、ドイツ、イタリア、中東がこれに続いた。ランボルギーニによれば、各市場でアヴェンタドールLP700‐4が多くのバックオーダーを抱えているという。

ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「我々は今後も軽量化技術を中心に、積極的な投資を続けていく」とコメントしている。

ランボルギーニ・ガヤルド