新型ポルシェ・ボクスター

ポルシェは、3月6日から行われるジュネーブモーターショーのプレスデーで、新型『ボクスター』を世界初公開する。また、新型『911カレラ カブリオレ』と『パナメーラGTS』をヨーロッパプレミアとして出展する。

新型ボクスターは、軽量設計ボディの採用とシャシーの見直しにより、大幅に軽量化。またホイールベースの延長、トレッドのワイド化、ホイールの大径化などによって、安定した走行性能を実現している。

エクステリアでは、コンパクトなオーバーハング、立ち上がり位置を前方に移動させたフロントウインドウを採用。フラットなシルエット、エッジを効かせたデザインを特徴とする外観に生まれ変わっている。

室内空間は従来モデルよりも広く、センターコンソールを前方に向けて上昇させるなど、ポルシェの新しいインテリアコンセプトが採用されている。

また、燃費性能は最大15%向上し、モデルによっては走行距離100kmのあたりの燃料消費量が8リットル以下に抑えられている。

新型ポルシェ・ボクスター 新型ポルシェ・ボクスター 新型ポルシェ・ボクスター 新型ポルシェ・ボクスター 新型ポルシェ・ボクスター 新型ポルシェ・ボクスター