トヨタ・マニュファクチャリング・ウェストバージニア

トヨタ自動車は、6速オートマチックトランスミッション(AT)の需要拡大に伴い、米国におけるユニット生産拠点であるトヨタ・マニュファクチャリング・ウェストバージニア(TMMWV)の生産能力を増強する。

昨年2月に発表した年産40万基への生産能力増強から、さらに12万基の増強を行い、2013年夏までに約52万基とする。これに伴う投資額は約4500万ドル、新規雇用は約80名を予定している。

また同時期に、米国におけるアルミ鋳物部品の製造会社であるボディーン・アルミニウムにおいても、6速AT用部品の生産能力を増強。具体的には、トランスミッションケースとハウジングの生産能力をそれぞれ年産12万個ずつ増強し、投資額は約1000万ドル、新規雇用は約25名を予定している。

現在、TMMWV生産の6速ATは、北米生産の『アバロン』、『カムリ』、『RX350』、『シエナ』、『ヴェンヅァ』に使用されている。 トヨタは「需要のあるところで生産する」という考え方のもと、今後も現地生産を推進する。

トヨタ・カムリ北米仕様