「東京スマートドライバー」プロジェクトは、3月1日から31日までの1か月間、やさしいトラックドライバーを増やして交通事故を減らす集中チャレンジ「ジェントルトラック計画」を実施。安全運転を心がける紳士的なトラックドライバーのしるし「ジェントルマーク」1000個を無償配布する。

東京スマートドライバープロジェクトは、コミュニケーションの力で首都高の交通事故を減らそうと、放送作家の小山薫堂氏が発起人となり立ち上げたソーシャルブランド。

同プロジェクトが大型トラックの事故原因を調査した結果、料金所や合流部など、ドライバー同士(大型車と一般車)のコミュニケーション・ロスがきっかけで発生する事故の割合が多いことがわかった。同プロジェクトは、その背景に相互理解の不足があると仮定。「隣を走行されると怖い」「乱暴な運転をする人が多い」といった一般車のドライバーの大型トラックに対する誤解を解くことが交通事故の削減につながると、今回の計画を実施する。

ジェントルトラック計画の象徴として、安全運転を心がける紳士的なトラックドライバーのしるし「ジェントルマーク」1000個を無償配布。普段、接点のない一般車と大型トラックの間にコミュニケーションのきっかけを生み出したいと、同プロジェクトは述べている。