いすゞD-MAX(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》

全体相場は3日ぶりに反落。高値警戒感から売りが勝り、平均株価は前日比15円87銭安の9707円37銭と小反落で引けた。

自動車株は総じて軟調な動き。トヨタ自動車が20円安の3335円、ホンダが5円安の3090円と続落。日産自動車が5円安の827円と反落した。

こうした中、いすゞが2円高の460円と続伸し、連日の昨年来高値更新。外資系証券が目標株価を540円に引き上げている。

スズキが2円高の460円、富士重工が2円高の616と反発した。