2月27日午前5時45分ごろ、滋賀県東近江市内の名神高速道路下り線で、本線上に掛かる陸橋から女性が転落。走行中のトラックのフロントガラスを直撃する事故が起きた。女性は即死。トラックの運転者にケガはなかった。

滋賀県警・高速隊によると、現場は東近江市中戸町付近で片側2車線の直線区間。トラックは第1車線を走行していたが、助手席側のフロントガラスを何かが直撃。急停車したところ、女性であることがわかった。

女性は全身強打で即死。トラックを運転していた愛知県清須市内に在住する55歳の男性にケガはなかった。後の調べで、死亡したのは同市内に在住する58歳の女性と判明している。

現場付近に架かる県道陸橋のフェンス(高さ約2m)によじ登った痕跡があり、警察では事故の状況から女性が飛び降り自殺を図ったものとみている。