VW up!

フォルクスワーゲンの新世代コンパクトカー、『up!』。同車に究極の環境性能を追求したエコグレードが追加される。

これは2月27日、フォルクスワーゲンが明らかにしたもの。すでに『ゴルフ』や『ポロ』などで展開している「ブルーモーション」と呼ばれるエコグレードが、up!に設定されることが告げられたのだ。

up!のブルーモーション、エンジンは1.0リットルで最大出力は60psと75psの2種類を用意。アイドリングストップやブレーキエネルギー回生システムの採用をはじめ、車高を15mm低めてエアロダイナミクス性能を引き上げるなど、走行抵抗を低減する変更が加えられる。

これにより、欧州複合モード燃費は60ps仕様が24.39km/リットル、75ps仕様が23.81km/リットル。CO2排出量は60ps仕様が96g/km、75ps仕様が98g/kmと、非常に優れた環境性能を実現した。

フォルクスワーゲンは、「通常モデルと比較して、燃費やCO2排出量は10%以上向上」と説明している。

VW up!《撮影 宮崎壮人》 VW up! VW up! VW up! VW up!(フランクフルトモーターショー11)《撮影 宮崎壮人》