アウディR18 eトロン・クワトロ

アウディは2月29日、ドイツ・ミュンヘンにおいて、2012年のルマン24時間耐久レースに参戦するニューマシン、「R18 eトロン・クワトロ」を発表した。

ルマンで2連覇、過去10回優勝という輝かしい戦績を残しているアウディが、「R18」の進化形として開発したのが、R18 eトロン・クワトロ。戦闘力アップを狙う秘策が、ハイブリッド技術の導入だ。

そのシステムはマシン名が示す通り、4WDの「クワトロ」となっており、V型6気筒ターボディーゼルの「TDI」エンジンが後輪を駆動。モーターが前輪を駆動する。

モーターのパワーは、フライホイールジェネレーターから供給。これは、減速時にモーターが回生ブレーキの役目を果たし、フライホイールジェネレーターを回して、電力を蓄えるシステムだ。120km/h以上の速度域で、モーターがエンジンパワーをアシスト。エンジンとモーターを合わせたトータル出力は510psだ。

アウディは2012年のルマン24時間耐久レースに、ハイブリッドのR18 eトロン・クワトロ2台とノンハイブリッドの「R18ウルトラ」2台の合計4台をエントリー。トヨタのニューマシン、「TS030ハイブリッド」との対決が注目される。

アウディR18 eトロン・クワトロ アウディR18 eトロン・クワトロ アウディR18 eトロン・クワトロ アウディR18 eトロン・クワトロ