フェラーリ599後継車として登場したF12ベルリネッタ

フェラーリは2月29日、3月6日に開幕するジュネーブモーターショー12でのワールドプレミアに先駆けて、『F12ベルリネッタ』の概要を明らかにした。

同車は、『599』の後継モデル。車名のベルリネッタとはイタリア語で「クーペ」のこと。フェラーリが伝統的にクーペモデルに冠してきたネーミングだ。

F12ベルリネッタのハイライトが、フェラーリの市販車としては、史上最もパワフルなエンジン。『FF』用の6262ccのV型12気筒ガソリンエンジンには専用チューンが施され、最大出力740ps、最大トルク70.4kgmを獲得する。これは、FF比で80ps、0.8kgmの上乗せ。

このエンジンは8700rpmという高回転域まで許容するとともに、最大トルクの80%を2500rpmという低回転域から引き出すフレキシブル性を備える。環境性能の改善も図られ、燃費は599比で30%向上。CO2排出量は350g/kmで、フェラーリによるとV12エンジンのスポーツカーとしては、最高水準だという。

また、軽量化を推進し、車両重量は1525kgと599比で70kg軽量化。それでいて、ボディ剛性は20%高められた。エンジンをフロントミッドシップに搭載することで、前後重量配分は46対54と、理想的なバランスが追求される。パワーウェイトレシオは、2.1kg/ps。

トランスミッションはデュアルクラッチの「F1」。エアロダイナミクス性能を徹底追求した効果もあって、F12ベルリネッタは0-100km/h加速3.1秒、最高速340km/hオーバーの性能をマークする。これは599の0-100km/h加速3.7秒、最高速330km/hを、大きく上回るパフォーマンスだ。

フェラーリ599後継車として登場したF12ベルリネッタ フェラーリ599後継車として登場したF12ベルリネッタ フェラーリ599後継車として登場したF12ベルリネッタ フェラーリ599後継車として登場したF12ベルリネッタ フェラーリ599後継車として登場したF12ベルリネッタ フェラーリ599後継車として登場したF12ベルリネッタ