パーク24が発表した第1四半期(2011年11月〜12年1月)の連結決算は、営業利益が前年同期比18.4%増の40億2700万円と大幅増益となった。

売上高は同15.6%増の331億4700万円と増収。駐車場事業は、タイムズ駐車場の運営台数が35万8835台となり、月極駐車場・管理受託駐車場を含めた総運営台数が前年同期末比0.1%増の45万7836台で、増収となった。モビリティ事業も、期末の車両台数が同年同期末比2.7%増の2万6937台と売上げが増加した。

収益では、駐車場事業の収支改善などの効果で経常利益は同17.1%増の38億9300万円だった。当期純利益は同96.8%増の21億9100万円だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。