レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 宮崎壮人》

3月3日より、ジャガー・ランドローバー・ジャパンから発売される『レンジローバー イヴォーク』のエクステリアデザインは、伝統性と革新性を盛り込んだものとなっている。

マーケティング・広報部 ストラテジック プランニング マネージャーの須藤博さんは、イヴォークのエクステリアデザインについて、「レンジローバーの伝統的なデザインキューを、新しい解釈で大胆にデザインに取り入れています」と話す。

その一例として、「ABCDそれぞれのピラーをブラックアウトすることによって表現される、フローティングルーフと呼んでいるデザインがあります。それを、楔形のウインドウにより、さらにシャープな印象を与えることで新鮮さを出しているのです」。

それ以外にも、「車両の四隅に配したホイールは安定感のあるスタンスを保っていますし、ボンネット形状も貝殻状のクラムシェルボンネットと呼ばれるものを採用。これらもレンジローバーの伝統に則って具現化しているのです」。

では、これまでのレンジローバーと違う部分はどこだろうか。須藤さんは、最も特徴的なものは、低くスタイリッシュなクーペスタイルのデザインであるという。また、「ドラマティックに切れ上がるウエストライン、そして、筋肉質なショルダーラインといったところはこれまでのレンジローバーにない革新的で躍動感に満ちあふれたプロファイルを採用しています」と話した。

また、フロントエンドのデザインは、クルマのキャラクターを印象付ける非常に重要なパーツであるとし、「ここもレンジローバーのアイデンティティである、丸型をモチーフとした独特のヘッドランプを採用しながらも、より個性的にデザインされています」とし、「このヘッドランプ及びテールランプは、スリムに、そしてシャープにデザインされており、特徴的で誰の目にもわかりやすく、レンジローバーのプレミアムな印象を与えているのです」と解説した。

レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 宮崎壮人》 レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 宮崎壮人》 レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 内田俊一》 レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 宮崎壮人》 レンジローバースポーツ プレミアム・パッケージ