写真:レッドブル・レーシングのチーフ・テクニカル・オフィサー、ニューウィー

フランク・ウィリアムズ代表が思わず本音を漏らしてしまった。「とても後悔している事がある。エイドリアン・ニューウィーという男のことだ……」

フランク・ウィリアムズは、今になってニューウィーにチーム株式を分け与えずに退職へと追いやったことを悔やんでいる。1990年にウィリアムズに加わったニューウィーは、51勝と、ドライバーズタイトル3つ、コンストラクター4つを置き土産に1997年の途中でマクラーレンへ移籍した。チームはニューウィーが開発指揮を執った「FW18」を正常進化させたが、これを境に勝機は逃げていった。 

そして今、ウィリアムズ代表は、ニューウィー退職の背後に株式分与の問題があったことを明かした上で、それが重大な判断ミスあったと語りはじめた。

「今になって振り返れば、彼が望んだとおりに、ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリングの株式を譲るべきだった……」

2011年の成績不振は、マシンの根本に根ざす問題だったと認めつつ、ニューウィーが業界にいる限り、ウィリアムズのテクニカルチームは歯が立たないとさえ語る。

「私はエンジニアではない。でも数々の良いマシンと悪いマシンを見てきた経験があり、現状で私たちのマシンがあまり速くないことはちゃんとわかっている。問題のほとんどすべてが、空力なんだ。もうひとつはエンジンのパワー不足だったのかもしれないね……」

フランク・ウィリアムズ(資料画像)