レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 宮崎壮人》

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、コンパクトプレミアムSUV『レンジローバー・イヴォーク』を3月3日より発売を開始すると発表した。

イヴォークは、2008年1月の北米国際自動車ショーにて発表された、『LRXコンセプト』を製品化したものである。LRXコンセプトは、「伝統的なレンジローバーのデザインをモダンにして、ダイナミックでエモーショナルなスタイリングを完成させました。この大胆に進化を遂げたLRXコンセプトは大きな賞賛を得て、それが今回新型車としての生産という形になったのです」と語るのは、マーケティング・広報部 ストラテジック プランニング マネージャーの須藤博さん。

イヴォークのエクステリアデザインの課題は、LRXコンセプトのデザインをできる限り忠実に、先進でインパクトのあるスタイリングを実現することだった。そこで、「新しいテクノロジーや考え抜かれたエンジニアリングソリューションが投入され、結果としてミリ単位の差で、見事にLRXコンセプトのスタイリングを再現することに成功したのです」(須藤さん)。

イヴォークのスタイリングを開発する際に与えられた課題は3つあった。まず、「LRXコンセプトのスタイリングを忠実に守るということ。もうひとつは、ショーカーをベースとしながらも、きちんと実用性を兼ね備えたクルマに仕立て上げ、十分な室内空間や多用途性をきちんと維持するということ。最後は、ランドローバーの重要な価値である、圧倒的なオフロード性能を保つということ。この3つの面を同時に実現するということが課題でした」と述べ、それらの課題をクリアされ製品化されたとした。

レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 宮崎壮人》 レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 宮崎壮人》 LRXコンセプト LRXコンセプト レンジローバー イヴォークとLRXコンセプトの比較《撮影 内田俊一》